FAQ

4K放送モニター募集のご案内

4K放送モニター募集のご案内

NCNでは4月1日から、4K専門チャンネル「ケーブル4K」のモニターを募集します。
モニター定員先着30名
モニター対象NCNテレビサービス加入者
モニター期間モニター機器設置より最低利用期間6ヶ月間
月額利用料金デラックスコース 4,900円(税別)
ベーシックコース 4,400円(税別)
ミニコース 2,800円(税別)
工事翌月より上記の利用料金が必要です。
機器登録料8,000円(税別)
新規設置・既存機器交換ともに工事翌月に請求いたします。
機器概要パナソニックTZ-HXT700PW
トリプルチューナー(2番組録画・1視聴)
2TB HDD内蔵
ご応募からの流れ1.NCNよりご応募いただいた翌日以降にご連絡
2.工事日を調整
3.STB設置または交換工事
4.視聴開始

※BS4K・8K試験放送も視聴できます。(402ch,403ch)


BS4K・8K試験放送のご視聴に関しての確認事項

NHKとA-PAB(一般社団法人 放送サービス高度化推進協会)が実施する衛星放送(BS)による4K・8K試験放送(以下「試験放送」)を日本海ケーブルネットワーク(以下、「弊社」という)で視聴する場合は、以下の通り、一部の機能等に制限があることをご了承のうえ、ご覧頂きますようお願いします。以下の注意点をご確認の上、下記申込フォームよりご応募ください。

1.BS試験放送について
BS試験放送は、2018年の4K・8K実用放送に向けて、4K・8Kの普及促進、機器の開発促進及び、4K・8K放送の技術検証などを主な目的として、衛星で試験的に放送されています。BS試験放送の放送実施期間は、2018年末までに開始される実用放送までとなっています。

2.機能制限について
@4K放送(TS方式)対応STB(以下、4K-STBという)を利用する場合のみ、4Kチャンネル(ケーブル4K及び、試験放送)が視聴いただけます。
Aタイトル・テレビ画面・番組表などの「8K」表記に関わらず、すべて4K画質でのご視聴となります。
B音声は、ステレオまたは5.1chとなります。22.2ch、および2か国語放送や解説放送には対応していません。
C試験放送が8Kで放送されている場合は、402チャンネルと403チャンネルが同一内容となります。
D試験放送は、衛星を直接受信する場合に比べて、数秒程度の遅延が発生します。緊急地震速報なども遅れて放送されることをご理解ください。
E字幕やデータ放送、解説放送、ハイブリッドキャスト、番組ガイドなどの機能が使用できません。
F番組を録画することはできません。

なお、現在の4K-STBでは、2018年に放送開始予定の4K・8K実用放送(本放送)は、視聴できません。
4K-STBを利用されていても、地上デジタル放送、BSデジタル放送、CATV専門チャンネルは通常STBと同様に視聴できますが、ハイビジョン画質(放送内容によっては一部は、標準画質)となります。

3.放送時間及び放送実施期間について
BS試験放送の放送時間は、原則、月曜から日曜まで午前10時から午後5時です。ただし、編成上の都合により、放送時間が変更となる場合があります。BS試験放送の実施期間は、2018年の実用放送開始までとなりますが、試験研究の目的の為、実用放送前に、BS試験放送の終了、もしくは、弊社での再放送が終了する場合があります。