ケーブルモバイル

地上デジタル放送について

地上デジタル放送の移行スケジュール

地上デジタル放送の移行スケジュール


地上デジタル放送は、平成15年(2003年)に関東・近畿・中京の3大広域圏から開始され、現在段階的に進められています。平成18年(2006年)10月1日には鳥取でも地上デジタル放送が開始、同年12月末には全国の都道府県所在地など主要都市で放送を開始しました。平成23年(2011年)7月24日には、アナログ放送が廃止され完全移行します。


地上デジタル放送の視聴方法

みるみるウチに、地上デジタル放送! ケーブルテレビで【地上デジタル放送】を視聴するには、『地上デジタル放送対応のテレビや録画機器を直接接続する方法(パススルー方式)』と、弊社のデジタルコースでお貸し出ししている『デジタルCATVチューナー【STB】を設置して視聴する方法(トランスモジュレーション方式)』があります。


● パススルー方式



地上デジタル放送対応のテレビをお持ちの方は、【壁面のテレビ端子】と、テレビの【地上デジタル】端子を接続し、チャンネル設定を行うことで地上デジタル放送がご視聴いただけます。(アナログサービスをご利用の方でも視聴できます。)

建物の配線状況によっては、機器の交換・追加等が必要な場合があります。



● トランスモジュレーション方式




地上デジタル放送対応のテレビをお持ちでない方でも、CATV専用デジタルチューナー【STB】を利用することで、従来のテレビで地上デジタル放送をご視聴いただけます。また【STB】を利用すると、【地上デジタル放送】だけでなく【BSデジタル放送】【CSデジタル放送】の多チャンネルもお楽しみいただけます。

建物の配線状況によっては、機器の交換・追加等が必要な場合があります。(有料)